不正な払い戻しへの幣会の対応について

●通帳,印鑑,キャッシュカードがお手元からなくなったり,身に覚えのない取引に気づいたりした場合は,すみやかに弊会にご連絡ください。 ●JFマリンバンクでは,安心してお取引いただくための取組みとして,個人のお客様を対象に,従来の偽造・盗難キャッシュカードに加え,平成20年10月1日から,盗難通帳やJFマリンネットバンクによる不正な払戻しについても,弊会による補償の対象とする旨の申し合わせを行っております。 ●ただし,弊会にすみやかにご連絡いただけなかった場合や以下の注意事項をお守りいただけなかった場合は,補償されない可能性があります。 ●従来の払戻しの手続に加えて,本人確認書類の提示等の手続を求める場合があります。不正な払戻しを防止し,お取引の安全を守るために行うものですので,ご理解・ご協力をお願いいたします。  

ご注意いただきたい事項

〈通帳と印鑑の管理について〉 ●他人に通帳を渡したり,通帳を他人の目につきやすい場所に放置するなどして第三者に容易に奪われる状態に置いたりしないでください。 ●他人に記入・押印済みの払戻請求書,諸届を渡さないでください。 ●印鑑や,届出印の印影が押印された払戻請求書,諸届を通帳とともに保管したりしないでください。 〈JFマリンネットバンクにおけるID・パスワード等の管理について〉 ●IDやパスワードをメモに残したり,パソコンに保存したりしないでください。 ●不審な電子メールを不用意に開いたり,フリーソフトをインストールしたりすると,スパイウェアやウィルスなどに感染することもありますのでご注意ください。 ●インターネットカフェなど不特定多数の人が使うパソコンで,JFマリンネットを利用しないでください。 〈キャッシュカードと暗証番号の管理について〉 ●従来お願いしておりますとおり,暗証番号は類推されやすい番号(生年月日・電話番号・自動車のナンバー等)にしないでください

長崎県信用漁業協同組合連合会

2008年10月1日